LUXの新生活日記

アクセスカウンタ

zoom RSS LUXの心の中 その3

<<   作成日時 : 2010/08/17 05:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

僕はこの生活がずっと続くものだと思っていた
新しい家族はMacky家
そう信じていた

僕の知らないところで 里親になりたいって人が現れたらしい
これで3人目
その頃からか、少し家の雰囲気も変わったように思える
楽しくて幸せなんだけど、どこか切なく寂しい表情のパパ、ママ、お姉ちゃん
『大丈夫、僕はずっとここにいるから』
『明日も沢山遊ぼうね』

2009年8月13日 お別れの日
今日は朝からお客さんが・・・
保護当時、僕に首輪を着けてくれた『シュラママ&シュラパパ』
それに『リューパパ』が

9時を過ぎた頃 パパが一人の人を連れてきた
始めて見る人だ
誰だろう???
バリの中から20分位観察したが悪い人ではなさそうだ!
でも誰だ?
僕はずっと警戒していた

バリから出して貰いフリー
MackyとBillはその人に御挨拶
僕は近づけない・・・
少し怖い

その人が後ろを振り向いた瞬間
ガウッ!
脇腹に噛みついた
『痛っ!』
睨みつけられた・・・
そこには緊張した重い空気が漂っていた

仲直り大作戦
重い空気から一変
近くの公園に移動し気分転換

みんなで遊ぼうと思ったら いつも間にかパパとママの姿が見えなくなっていた
僕のリードはシュラママが持っている

何故か今度は その人に リードを渡した
落ち着きを取り戻した僕は、噛む事はしなかった
リードを両手で短く持ったその人は 『Go!』 と言って歩き出した
時折『ストップ!』と言って止まった、また『Go!』 と言って歩き出したり
この人が今度の飼い主になるんだ
僕は直感的にそう思った・・・

家に戻ると 搬送用のバリの中へ
みんなが僕に書いてくれたメッセージと一緒にその人が乗ってきた自動車の荷台に乗せられた
お別れだ・・・
みんな涙をこらえながら 手を振って 僕を見送ってくれた

『パパ、ママ、みんなありがとう! 僕絶対に幸せになるからね(^^)』

自動車から見えるMacky家が段々小さくなり、やがて見えなくなった
一つのドラマに終止符を打ったように 静かに余韻と時間が過ぎていき
いつの間にか夢の中に突入していた
5ヵ月間の楽しい思い出 RUNで走り回った事、自動車でドライブした事、公園で散歩した事、MackyやBlllと遊んだ事、いっぱいの人に撫でて貰った事・・・

ふと目が覚めると現実の世界
その人が運転する車の荷台に僕は居た
ごそごそと動き出したのを察知してか僕に話しかけてきた
『LUX起きたの? 大丈夫か?』
とても優しい口調だった
『今度兄ちゃんと一緒に暮らすんだからな、もう噛むなよ!』って

この人は ”兄ちゃん” って言うんだ

石狩市から、千歳空港まで約1時間半
レンタカー返却の為お店の前に駐車
その前にトイレ休憩
兄ちゃんは一生懸命僕に声をかけてくれる
おやつも差し出してくれた
でも緊張しきっている僕は、おやつなど口にできない

駐車してから20分が過ぎようとしていた頃、兄ちゃんの手がバリの中に入ってきてリードを首輪に付けた
きっと さっき僕が脇腹を噛んだから バリに手を入れてリードを着ける踏ん切りがなかなかつかなかったんだね!
お愛嬌、お愛嬌^^;

やがて飛行機に乗り 宮城県仙台市へ飛びたった
 
                                                       ・・・つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

家族募集中




BCRN



LUXの心の中 その3 LUXの新生活日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる